プログラム
2022年9月17日(土曜日)・18日(日曜日)

長崎大学医学部記念講堂(予定)
ハイブリッド形式(予定)
*会場・発表形式は新型コロナ感染状況によって変更になる場合がありますので、引き続きHPをご確認ください。
*会場出入り口の混雑回避のため学会単位はWeb(ライブ・オンデマンド)限定となる可能性があります
*詳細のタイムスケジュールは準備中です。

第36回日本母乳哺育学会学術集会0506update2.jpg

 

【教育講演】 9月18日(日曜日)午後

 

  座長:青木幹弘(独立行政法人国立病院機構長崎医療センター新生児科)

 乳児ビタミンK欠乏症による頭蓋内出血-当時をふりかえり、今再考するー

  松坂哲應(長崎市障害福祉センター診療所小児科)

  岡田雅彦(みさかえの園あゆみの家)

【シンポジウム】

シンポジウム1【早産児への母乳哺育(仮)】 9月17日(土曜日)午後

  座長:水野克己(昭和大学医学部小児科学講座)

     宮田昌史(藤田医科大学医学部小児科学)

 ・母乳バンクの未来予想図

  水野克己(昭和大学医学部小児科学講座)

 ・NICU入院中の早産児に対する母乳処理方法に関する全国調査:後天性CMV感染症予防法を中心に

  齋藤可奈(埼玉医科大学総合医療センター 新生児科)

 ・母乳による積極的早期経腸栄養は極低出生体重児の予後改善に寄与するかもしれない

  高柳俊光(国立病院機構佐賀病院総合周産期母子医療センター小児科)

シンポジウム2【家族ぐるみで考えるHTLV-1】 9月18日(日曜日)午前

  座長:牛島廣治(日本大学医学部病態病理学系微生物学分野)

     森内浩幸(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科小児科学)

 ・overview 森内浩幸(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科小児科学)

 ・HTLV-1母子感染予防法:乳汁選択のエビデンス

  板橋家頭夫(愛正会記念 茨城福祉医療センター)

 ・ウェブ調査から見えてくるHTLV-1キャリアマザーの思い

  内丸薫(東京大学大学院新領域創成科学研究科メディカル情報生命専攻病態医療科学分野)

 ・HTLV-1キャリアへのカウンセリングの意義と問題点

  柘植薫(香川大学医学部附属病院がんセンター(前佐賀大学医学部附属病院HTLV-1専門外来))

 ・長崎県におけるHTLV-1母子感染対策の現状と最近の話題

  三浦清徳(長崎大学医学部産婦人科)

 ・closing remark

  牛島廣治(日本大学医学部病態病理学系微生物学分野)

​シンポジウム3【母が笑えば、家族も笑う、母のからだにやさしい授乳支援】9月18日(日曜日)午後

  座長:井村真澄(日本赤十字看護大学母性看護学)

     小橋川直美(長崎大学病院産婦人科)

​ ・助産院での自然授乳と母乳育児ケア

  野間田真紀子(プロジェクト・マムさくらの里助産院)

 ・授乳を骨盤から整えるー肩こり・腰痛・腱鞘炎を防ぐー

  山上美菜子(女性のからだ研究室) 

 ・母乳育児のスタートがむずかしいケースに対する支援

  松原まなみ(関西国際大学保健医療学部看護学科)

【共催セミナー】

 ・新型コロナウイルスと母乳保育・腸内細菌について(仮) 早川智(日本大学医学部微生物学)

 ・福岡県内の医療機関におけるシナジス投与指針と当院の取り組み(仮) 古野憲司(福岡市立こども病院 総合診療科) 

 ・CMV検査予定

【教育委員会主催勉強会】  9/17(土)9:00-12:00

 母児同床について

【評議員会】【総会】【一般演題】

 プログラム決定時にお知らせします。